現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

真・治安論

精神科病院に丸投げ防ぐ「群馬モデル」

重大犯罪の抑止や再犯防止に向けた重要な論点の一つに、刑事司法と精神医療の連携不足がある。事件を起こした精神障害者への対処について「医療に丸投げしている」という批判だ。一方、専門部署を設けて連携不足を解消しようと取り組む自治体もある。刑事司法と精神医療の狭間(はざま)を埋めるのに何が必要なのか。

刑事司法と精神医療の連携不足を改善するため制度改革をした自治体がある。群馬県だ。精神障害者を強制入院させる行政処分「措置入院」に関与する専門部署を県に設置し、適正化を図ってきた。全国的に珍しい取り組みで「群馬モデル」とも呼ばれる。改革に携わった群馬県立精神医療センター前院長で顧問の武井満氏は「警察と医療、行政が密接に連携してそれぞれの役割を果たすことで、凶悪事件は防げる」と強調する。

ランキング

  1. 山上被告を2月にも追送検 教団施設へ試射容疑など

  2. 神奈川新聞記者に賠償命令 街頭演説中に「でたらめ」発言

  3. 強盗致死に手を染めた「特定少年」 法廷で明かしたあきれた動機

  4. 水戸京成百貨店が3億円超不正受給 コロナ助成金

  5. 死亡の外国籍2人はスキー元世界王者ら 長野・小谷村雪崩

  6. 比司法相、4容疑者の一斉送還を目指す 6日までの決着模索

  7. 【動画】元隊員5人「反省していないと感じた」 元自衛官の五ノ井さん、性被害で提訴

  8. 京アニ事件・青葉被告の公判、今秋開始か

  9. JR西日本の立ち往生は「人災」 融雪器作動させず、降車見送り…見えてきた甘い危機管理有料プラン記事

  10. 「山上の仇打ち代表」杉田議員に相次ぎ脅迫のはがき 警視庁に被害届