「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

続投要請は矢野監督の〝精神安定剤〟…条件アップはV達成で自らつかめ

ベンチで思案する阪神の矢野燿大監督=バンテリンドームナゴヤ(撮影・甘利慈)
ベンチで思案する阪神の矢野燿大監督=バンテリンドームナゴヤ(撮影・甘利慈)

条件提示なしの「続投要請」が矢野燿大監督(52)の〝精神安定剤〟になれば、16年ぶり優勝の望みは消えません。ヤクルト、巨人との激しい優勝争いの渦中にある阪神は藤原崇起オーナー兼球団社長(69)=阪神電鉄会長=が矢野監督に続投要請を行ったことを18日に明らかにしました。3年契約の最終年を迎える同監督に対して、夏場の東京五輪によるシーズン中断期間中に続投要請が行われなかった…とこのコラムでは書きましたが、「監督選定」が専権事項のオーナーがやっと「来季も…」と指揮官に伝えたのです。その舞台裏には何があったのか…。来季を「口約束」された矢野監督は人事確定の発表を優勝への〝力水〟にしなければなりません。勝つことで大きく視界が広がります。

非常にすばらしい手腕

まさに激闘の日々です。ヤクルト、巨人との優勝争いは残り30試合を切った段階でも、日々の白黒で大きく有利、不利が変わる厳しい状況です。24日の巨人戦(東京ドーム)を6-6で引き分けた段階で、阪神の残り試合は「25」です。ヤクルトとの直接対決は5試合、巨人とも5試合です。首位ヤクルトとは0・5ゲーム差。3位の巨人とは2ゲーム差。これは今、原稿を書いている状況の数字ですが、今後の直接対決でライバルを圧倒するなら、優勝のチャンスは大きく広がるし、逆なら敗退…。一寸先も読めない展開が続きます。

こうした状況下で、阪神とヤクルトは監督人事で大きな動きがありました。まず、2015年以来、6年ぶりのリーグ優勝を目指すヤクルトは高津臣吾監督(52)の来季続投を正式に発表しました。衣笠剛球団社長兼オーナー代行(72)が続投を要請し、同監督も受諾したのです。2年連続の最下位からの浮上を目指した今季は115試合消化時点で58勝42敗15分けでリーグの首位。主砲村上崇隆内野手が37本塁打、98打点(24日現在)の大活躍。現役時代はストッパーとして活躍した高津監督らしく、投手陣もリリーフ陣を整備し、チーム防御率3・49はリーグ2位。低迷期は打線が点を取っても、取ってもザルの如く、投手陣が打ち込まれるパターンでしたが、今季は全く違います。

高津監督は今季が3年契約の2年目です。よほどの低迷がなければ「来季も続投」は既定路線とも言えますが、それでも留任決定はさらにチームの空気を前に押し上げるでしょう。

そして、阪神も矢野監督に対して、藤原オーナー兼球団社長が「来季もお願いしたいという話をさせていただきました」と続投要請を行ったことを18日に明らかにしました。矢野監督の手腕に対して「非常にすばらしい。後半戦についてもいろんな選手の状況はあるが、いろんな手を打って頑張ってくれている。進化している」と手放しで褒めていましたね。

会員限定記事会員サービス詳細