夏目三久さん、「バンキシャ」卒業

夏目三久さん
夏目三久さん

9月末での引退を明らかにしているフリーアナウンサーの夏目三久さん(37)が26日、キャスターを務める日本テレビの報道情報番組「真相報道 バンキシャ!」を卒業した。夏目さんは番組の最後で「あっという間の8年半でした。『バンキシャ!』は皆さんへの取材でなりたっている番組。協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました」とあいさつした。10月からは、同局の後呂(うしろ)有紗アナウンサー(27)が、桝太一アナウンサー(40)とともに番組を進行する。

夏目さんは、今後について「新生『バンキシャ!』を、家でゆっくりご飯の準備をしながら楽しみたい」と話し、桝さんから「8年半、本当にお疲れさまでした」とねぎらわれた。

夏目さんは平成23年に日テレを退職し、フリーアナウンサーに転身。25年から「バンキシャ!」でキャスターを務めてきた。今年4月、タレントの有吉弘行さん(47)との結婚を機に、9月末での芸能界引退を発表していた。

夏目さんのレギュラー番組出演は、メインキャスターを務めるTBSの情報番組「あさチャン」の30日放送が最後となる。