第2世代の「Apple TV 4K」は便利に進化したが、その価格は妥当なのか 製品レビュー

アップルのストリーミング端末「Apple TV 4K」が第2世代モデルへと進化した。リモコンが刷新され機能も充実したことで使いやすさに磨きをかけたが、日本での価格が20,000円を超えるなど他社製品と比べてかなり高い。その価格は機能に対して妥当と言えるのだろうか──。『WIRED』US版によるレビュー。

TEXT BY MEDEA GIORDANOTRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

アップルには熱烈なファンによる分厚い顧客基盤がある。ストリーミングサービス「Apple TV+」のオリジナル作品を鑑賞し、「Apple Music」の音楽をiPhoneで聴き、「Apple Fitness」でワークアウトに励んだ記録を「Apple Watch」で管理しているような人なら、すぐにでも第2世代の「Apple TV 4K」を手に入れてコレクションをさらに充実させたいと思うことだろう。

操作しやすいメニュー画面や新しくなったリモコンに加え、音声コントロールの機能も非常に優れている。だが、アップルの熱狂的ファンではなくストリーミング端末が欲しいだけの人にとって、Apple TV 4Kはおそらく価格に見合う価値をもっていない。その場合、ほぼ同じ機能ではるかに安いデバイスは、ほかにたくさんある。

便利な機能が満載

Apple TV 4Kの最新モデルは、その他のストリーミング端末にできることなら何でもできる。主要な配信サービスすべてに対応しており、好きな番組や映画を視聴可能だ。アップルの陣営に囲い込まれたユーザーなら、Apple Fitness+、Apple Music、Apple Arcadeといったサービスにテレビ画面から直接アクセスできる(Apple TV 4Kの第1世代モデルや「Apple TV HD」には、これらのサービスにアクセスできる機能がすでに備わっている)。

アップルのほかのハードウェアすべてと同じように、Apple TV 4Kは際立って優れた機能をいくつも備えている。例えば番組を鑑賞中にせりふを聞き逃してしまったら、リモコンの「Siri」ボタンを長押ししながら「いまなんて言ったの?」と尋ねればいい。すると画面は、その人物の直近のせりふの冒頭まで巻き戻され、字幕が表示される。その後、字幕は再びオフになる。

こうした機能が必要とは思っていなかったが、いまではすっかりお気に入りだ。また、話しかけるだけでアプリを開いたり映画や音楽を楽しんだりもできるし、さまざまなサイトの閲覧やパスワードなどの面倒な入力も可能になった。

すべてのストリーミングサービスを横断してユーザーの知りたいことを検索してくれるこうした機能は、「Chromecast with Google TV」にも搭載されている。例えば、テレビドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」の新作といった特定の番組名を音声検索すると、Huluで配信中のタイトルが表示される。また、ホラー物を見たいがタイトルが思いつかないときなど、ジャンルを指定して検索することも可能だ。

さらに、ストリーミングサービスごとにコンテンツを見て回るだけでなく、利用履歴や最新の人気ランキングを基におすすめを提案してもらうこともできる。これもGoogle TVで気に入っている機能のひとつだが、ストリーミング端末「Roku」にこうした機能はない。ただし、家族全員の好みにぴったり合うおすすめ情報が欲しい場合は、各自が個別にApple IDを取得する必要がある。