ビデオ会議で映る自分の見た目が気になる「Zoom異形症」が増加している

コロナ禍における在宅勤務の浸透でビデオ会議が増えるなか、画面に映る自分の外見を気にして皮膚科や美容外科を訪れる人が急増している。「Zoom異形症」とも呼ばれるこうした症状に、わたしたちはどう対処すればいいのか。

TEXT BY AMIT KATWALATRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(UK)

全米各地のクリニックが2020年夏に試験的に診療を再開し始めたとき、皮膚科医のシャディ・クーロシュは気がかりな傾向に気づいた。「外見に関する問題」についての予約が急増したのである。「ほかのことで頭がいっぱいになりそうな状況のなか、自分の外見が普段より悪く感じられると多くの人々が真剣に心配していたのです」とクーロシュは語る。

ハーバード大学医学大学院で皮膚病学を研究する助教授のクーロシュは、ほどなく同じ分野のほかの医師や美容外科などの関連分野の医師たちも、同様の現象に気づいていたことを知った。

クーロシュや同僚の医師たちが「治療しようと決断した理由」を患者に尋ねたところ、多くがビデオ会議を理由に挙げたという。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、人々は「Zoom」や「Microsoft Teams」を利用したビデオ会議の世界に投げ込まれた。そして画面に映る自分の顔を一日中見つめる日々が続くなか、「自分に対して抱いていたイメージ」が崩れていったのである。

Zoomの時代が到来したことで、人々は自分の首やあごの周りに垂れ下がった皮膚のほか、鼻の大きさや形、皮膚の青白さなどを過度に気にするようになっている。その結果、ボトックス注射やヒアルロン酸を使うフィラー注射に始まり、しわ取りや鼻の整形といった本格的な美容外科手術まで、美容を目的とするさまざまな処置が求められるようになったのだ。

クーロシュたちは医師や外科医を対象にアンケート調査を実施し、コロナ禍におけるビデオ会議が「身体醜形障害(BDO、醜形恐怖症)」の潜在的な一因になっているかという問題について検討した。そして、このような身体醜形障害を「Zoom異形症(Zoom dysmorphia)」と名付けたのである。

「Snapchat異形症」とは異なる症状

最近になってワクチン接種者が増えたことで、新型コロナウイルスのパンデミックは収まりつつあるようにも見える。だが、クーロシュを含むハーバード大学のチームによる今回の研究によると、Zoom異形症が姿を消す気配はない。7,000人を超える人々を対象にしたアンケート調査では、新型コロナウイルスがもたらした心の傷は当分消えそうもないことが示唆されている。

パンデミックの前でさえ、美容外科や皮膚科を訪れる患者による「非現実的で不自然な要求」は増えていたとクーロシュは指摘する。2015年には「Snapchat異形症」という言葉が生まれているが、これは現実の生活のなかでも「顔を加工するフィルター」でつくった顔(大きな目と輝くような肌)のように見られたいと望む人々の増加を示している。

会員限定記事会員サービス詳細