ファーウェイ副会長が帰国 政府チャーター機で深圳着

中国・深圳の空港に到着し、笑顔で手を振るファーウェイの孟晩舟・副会長兼最高財務責任者=25日(新華社=共同)
中国・深圳の空港に到着し、笑顔で手を振るファーウェイの孟晩舟・副会長兼最高財務責任者=25日(新華社=共同)

【北京=三塚聖平】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟(もう・ばんしゅう)氏を乗せた中国政府のチャーター機が25日夜、中国南部の広東省深圳市の空港に着陸した。中国メディアが伝えた。

深圳市内には華為の本社がある。中国メディアによると、孟氏は到着後、中国当局の新型コロナウイルス対策に従って専用施設で2週間の隔離措置を受ける。

会員限定記事会員サービス詳細