信玄の父、武田信虎を映画化 暴君否定し再評価へ

映画「信虎」のワンシーン(©︎ミヤオビピクチャーズ)
映画「信虎」のワンシーン(©︎ミヤオビピクチャーズ)

戦国武将、武田信玄の父、武田信虎を描く映画「信虎」が完成し、今秋公開される。暴君だったとされるが、この定説を覆し、信玄の上洛を心待ちにし、信玄亡き後は武田家存続に取り組んだ晩年の姿が中心だ。甲斐国の統一、甲府開府などの功績も含め、信虎を再評価する動きが出ている中で、新たな信虎像が映画で描かれる。

ベテラン36年ぶり主演

映画「信虎」は、「デスノート」や平成「ガメラ」シリーズなどで知られる金子修介監督(66)がメガホンを取る。

信虎役はベテラン俳優の寺田農さん(78)。寺田さんにとっては36年ぶりの主演だ。上杉謙信役を映画「天と地と」でも演じた榎木孝明さん(65)、信玄役、武田逍遥軒の1人2役を永島敏行さん(64)という実力俳優が固める。今年4月に64歳で亡くなった隆大介さんも出演し、遺作となった。

歴史考証は武田家研究で知られる歴史学者の平山優さん(57)が担当。武田家の武将の髷や甲冑、衣装、旗や所作なども再現を試み、ディティールにこだわっている。