お見事、池江璃花子が始球式

始球式を行う池江璃花子 =神宮球場(撮影・戸加里真司)
始球式を行う池江璃花子 =神宮球場(撮影・戸加里真司)

ヤクルト本社の広告キャラクターを務める競泳女子の池江璃花子(21=ルネサンス)が25日、ヤクルト-中日戦(神宮)の始球式を務めた。

自身の誕生日、7月4日にちなんだ背番号「74」のユニホーム姿で登場。ヤクルトの村上宗隆内野手からボールを受け取ると、セットポジションからしなやかなフォームで見事なノーバウンド投球を披露した。

ギャラリーページで見る

村上から何か声をかけられていたが、会話は「緊張しすぎて覚えていない」と苦笑いだった。

自身の投球については「10点満点だったら7・5か8点ぐらいかな。ストライクゾーンに入っていれば10点でした」とコメントした。

始球式を終え、笑顔を見せる競泳の池江璃花子 =神宮球場(撮影・今野顕)
始球式を終え、笑顔を見せる競泳の池江璃花子 =神宮球場(撮影・今野顕)


会員限定記事会員サービス詳細