中国、ファーウェイ副会長拘束は「政治迫害」と非難

24日、カナダ・バンクーバーの裁判所前で、声明を読み上げる華為技術副会長兼最高財務責任者の孟晩舟被告(中央)(カナダ通信提供、AP=共同)
24日、カナダ・バンクーバーの裁判所前で、声明を読み上げる華為技術副会長兼最高財務責任者の孟晩舟被告(中央)(カナダ通信提供、AP=共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省は25日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟(もう・ばんしゅう)氏の拘束問題について「中国ハイテク企業の抑圧を目的とした政治迫害事件だ」と非難する報道官談話を出した。詐欺罪で起訴されたことについても「捏造(ねつぞう)だ」と主張した。国営新華社通信が伝えた。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は25日に社説で、この問題について「米国の永久不変の汚点となる」と批判した。一方で米中関係への影響については「緊張緩和の後押しになることを望む」と関係改善につながることに期待感を示した。