総裁選ドキュメント

岸田氏「Body&Soul」を熱唱 弱者守る社会へ政策語る

インスタグラムで共演した今井絵理子参院議員に手話を指導される岸田文雄前政調会長=25日午後
インスタグラムで共演した今井絵理子参院議員に手話を指導される岸田文雄前政調会長=25日午後

自民党総裁選(29日投開票)に立候補した岸田文雄前政調会長は25日、今井絵理子参院議員と共演してインスタグラムのライブ配信を行った。障害者が暮らしやすい社会づくりに向けて、今井氏が所属したダンスボーカルグループ「SPEED」の曲も熱唱してみせながら、自身の政策を語った。

岸田氏は、SPEEDのメンバーとして活躍した今井氏に、曲を知っているか問われると「もちろん知っています」と笑顔で即答。「♪Body&Soul 太陽浴びて~」と、代表曲「Body&Soul」の一節を熱唱した。

また、長男の聴覚障害を公表し手話を積極的に使った活動を進める今井氏を念頭に、「例えば手話のできる先生は、現場にとって、生徒にとって、大切な存在。先生の数と質を高めていくことが大事」と強調した。

一方、岸田氏は新型コロナウイルス禍で過酷な労働環境に直面する看護師や介護士、保育士の給料の底上げが必要との認識を示した。「がんばっていただいているのに、働く内容に比べ給料が低い。国が見合う給料を決めることが必要だ」と語った。岸田氏はエッセンシャルワーカーの報酬引き揚げに向けた「公的価格評価検討委員会」設置を提言している。

放送では今井氏の指導で手話を勉強し、何度も練習を繰り返す一幕もみられた。«私の名前は岸田です。よろしくおねがいします»と短時間で習得したあいさつを披露し、エンディングを締めた。