菅首相がケネディ氏と会談 退任前に旧交温める - 産経ニュース

メインコンテンツ

菅首相がケネディ氏と会談 退任前に旧交温める

日米豪印4カ国首脳会合を終え、記者団の取材対応に臨む菅首相=24日、米ワシントン(共同)
日米豪印4カ国首脳会合を終え、記者団の取材対応に臨む菅首相=24日、米ワシントン(共同)

菅義偉(すが・よしひで)首相は25日午前(日本時間同日夜)、キャロライン・ケネディ元駐日米大使と米ワシントンで会談した。両氏は首相が官房長官時代に意見交換を重ねた間柄で、10月の首相退任を前に旧交を温めた。

ケネディ氏はオバマ政権下の2013~17年に女性として初めて駐日米大使を務め、当時、官房長官だった首相と沖縄の基地負担軽減などに取り組んだ。今年4月の訪米時と同様、今回も朝食をとりながら、約40分にわたり、日米関係の関係強化に向けて意見を交わした。

首相は25日昼に政府専用機で出発し、帰国の途に就く。日本時間の26日午後に帰国する予定。(共同)