熱海の捜索現場で転落事故、作業員死亡

25日午後4時ごろ、7月に大規模土石流が発生した静岡県熱海市伊豆山(いずさん)の逢初(あいぞめ)橋付近で、土砂の搬出作業をしていた建設作業員、青木良治さん(51)=神奈川県小田原市=が、操作していたショベルカーとともに数メートル下の川に転落した。青木さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

県警熱海署によると、青木さんらは数人で土砂を搬出していたという。転落を目撃した警察官が、署と消防に連絡した。

現場では連日約50人態勢で行方不明者の捜索が続いており、この日も午前から活動していた。署が詳しい状況を調べる。