【安野光雅が描く洛中洛外】もう一度見たい作品14位 「嵐山 法輪寺」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

安野光雅が描く洛中洛外

もう一度見たい作品14位 「嵐山 法輪寺」

嵐山 法輪寺
嵐山 法輪寺

「ここから描こう」と椅子をとりだしたのは、有名な渡月橋からずいぶん下流の変哲もない土手の上である。目の前に、嵐山中腹に建つ法輪寺の屋根が見えた。

おもしろい偶然があった。かつて司馬遼太郎さんはこの地を歩き「(嵐山に塔か堂があれば、対岸から見る景色はどんなによくなるだろう)と、あるいは空海はおもったかもしれない」(「街道をゆく 嵯峨散歩」より)と想像している。くしくも二十数年後、描いたのもその眺めだった。

(あんの みつまさ=画家、抜粋)

■令和四年カレンダー「安野光雅 洛中洛外」発売