北朝鮮、自衛隊演習を批判 「敵基地攻撃」に警戒感 - 産経ニュース

メインコンテンツ

北朝鮮、自衛隊演習を批判 「敵基地攻撃」に警戒感

北朝鮮の国旗(ロイター)
北朝鮮の国旗(ロイター)

北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、陸上自衛隊が15日から始めた10万人規模の演習を、侵略遂行能力の習熟が目的だと分析し批判する論評を伝えた。

日本で2022年度の防衛費が国内総生産(GDP)の1%を上回る可能性があることや、「敵基地攻撃能力」の保有論が出ていることに警戒感を示した。

陸自演習は「史上最大規模」だと指摘し、海上自衛隊の護衛艦の中東派遣とともに、侵略の準備だと主張。こうした動きは「第二の真珠湾(攻撃)」を試みる危険な動きだと非難した。(共同)