石崎衆院議員が辞職願 元秘書への暴行罪で略式起訴、自民離党

無所属の石崎徹衆院議員=比例北陸信越=は24日、議員辞職願を大島理森衆院議長宛てに提出した。近く許可される見通し。

辞職の理由については、自らのフェイスブックで次期衆院選に向け日本維新の会の公募に応じたことを明らかにした上で、前回衆院選では自民党から新潟1区で出馬し、比例復活した経緯を踏まえ、「他党の公募に応募したのであれば議員辞職をするのが妥当」などと説明した。

石崎氏は昨年、元秘書を殴ったとして暴行罪で略式起訴され、自民党を離党した。