大谷「二刀流」進化に高評価 エンゼルスの投打両コーチ - 産経ニュース

メインコンテンツ

大谷「二刀流」進化に高評価 エンゼルスの投打両コーチ

エンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
エンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平の投打にわたる活躍を見守るワイズ投手コーチとリード打撃コーチが23日、アナハイムでのアストロズ戦前に取材に応じ、ワイズ・コーチは「とてつもなく成功している。シーズンを通して進化している」と開幕からのマウンドでの安定ぶりを高く評価した。

大谷は26日(日本時間27日)のマリナーズ戦に10勝目を懸けて先発する。白星を挙げれば1918年のベーブ・ルース以来となる「2桁勝利、2桁本塁打」の快挙を成し遂げる。スプリットが投球の半数ほどを占めた前回19日の登板を分析しつつ、ワイズ・コーチは「スプリットを早いカウントから使えるようになった」と改良点の一つに挙げた。

打者では本塁打王争いを展開しており、リード・コーチは「打席に入るたびに(相手の)脅威になっている」と強打者ぶりを表現した。(共同)