仙台市成人式、来年は2部制 感染急拡大なら中止も

仙台市は24日、来年1月9日に開催する成人式について、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、居住や出身の区ごとに新成人を入れ替える2部制で開催すると発表した。市は年末年始で感染者が急拡大した場合、中止も検討するという。

市によると、来年の成人式の対象者は約1万1千人。第1部は正午~午後0時半に青葉区と泉区、第2部は午後3時~3時半に宮城野区、若林区、太白区の在住者や出身者を対象とし、入れ替え時に会場内の消毒を行う。式典の内容は国歌独唱や市長の式辞、新成人の誓いの言葉などとし、今年同様に時間を短縮する。また、参加者数を事前に把握するため、11月下旬に新成人に発送する案内状には参加登録用のQRコードを掲載する。

今年1月の成人式は、新型コロナ感染対策として屋根付き屋外施設「ユアテックスタジアム仙台」(同市泉区)で開催したが、来年の会場は従来の「カメイアリーナ仙台」(市体育館、同市太白区)とした。市によると、屋内イベントでの感染対策のノウハウの蓄積ができたことや他の政令市での開催事例を踏まえたという。