日韓外相、歴史問題を協議 韓国側、輸出規制の撤回要求 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日韓外相、歴史問題を協議 韓国側、輸出規制の撤回要求

茂木敏充外相
茂木敏充外相

茂木敏充外相と韓国の鄭義溶外相は訪問先の米ニューヨークで23日に会談した。韓国外務省によると、元徴用工や元慰安婦などの歴史問題が議題となり、鄭氏は韓国側の立場を説明。外交当局間の協議を加速させるべきだと強調した。日本の韓国に対する輸出規制強化措置も早期に撤回すべきだと改めて求めた。

茂木氏は日本政府の立場を伝えるにとどめ、会談は平行線に終わったもようだ。

両氏の会談は、5月に英ロンドンで先進7カ国(G7)外相会合の際に開催して以来。(共同)