日韓外相会談は平行線 対北では連携再確認 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日韓外相会談は平行線 対北では連携再確認

韓国の鄭義溶外相(左端)と会談する茂木外相(右端)=23日、ニューヨーク(外務省提供・共同)
韓国の鄭義溶外相(左端)と会談する茂木外相(右端)=23日、ニューヨーク(外務省提供・共同)

茂木敏充外相は23日、米ニューヨークで韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相と会談し、北朝鮮の完全な非核化などに向けた日韓や日米韓の連携を再確認した。一方、日韓関係を悪化させた、いわゆる徴用工や慰安婦訴訟問題では、双方の主張を繰り返しただけで、平行線に終わった。

日本の外務省によると、茂木氏は、北朝鮮による最近の相次ぐミサイル発射について「日本や地域、国際社会の平和と安全を脅かすものだ」と懸念を表明した。徴用工・慰安婦訴訟問題では、韓国政府の適切な対応を改めて求めた。

韓国外務省によると、鄭氏は、日本による輸出管理厳格化措置の早期撤回を要求。徴用工・慰安婦問題に関しては、両国が「ともに努力する必要性」を強調し、外交当局間の協議の加速を提案するのにとどまった。両氏の個別会談は5月以来で、約50分間行われた。(ソウル 桜井紀雄)