滑走路にカメ、12分間閉鎖 成田、出発便に遅れ - 産経ニュース

メインコンテンツ

滑走路にカメ、12分間閉鎖 成田、出発便に遅れ

成田空港のA滑走路で見つかったカメ=24日午後
成田空港のA滑走路で見つかったカメ=24日午後

成田空港で24日、A滑走路上にカメ1匹が出現し、同日午前11時37分から12分間、同滑走路が閉鎖された。国土交通省成田空港事務所によると、この影響で出発便5機に最大15分の遅れが出た。到着便に遅れはなかった。成田国際空港会社(NAA)は、「滑走路上でカメが確保されるのは珍しい」としている。

NAAや国交省成田空港事務所によると、カメは全長約30センチ、重さ約2・1キロ。

日航の成田発クアラルンプール行き定期便のパイロットが、誘導路からA滑走路に入った地点にカメ1匹がいるのを見つけ、管制官に連絡。空港職員がカメを回収した。