東大職員、不正受給で解雇 偽造診断書で病休取得

東京大学安田講堂
東京大学安田講堂

東大は24日、令和元年10月から今年5月まで偽造診断書で病気休暇を取得したり休職したりし、給与約450万円を不正に受け取ったとして、事務職員の50代男性を懲戒解雇にしたと発表した。処分は22日付。

東大によると、男性職員は元年10月以前に病気休暇を取っていたが、医療機関から「休養を要する」との診断書を継続して発行してもらえなかったため、1通目をコピーするなどして計25通の偽造診断書を大学側に提出した。

紙の質などに違和感を覚えた担当者が医療機関に問い合わせて発覚した。