ボーイング、豪で無人機製造 軍事用、最終工場は海外初

ボーイングが開発中の無人機ドローン=オーストラリア南部サウスオーストラリア州(ボーイング提供・共同)
ボーイングが開発中の無人機ドローン=オーストラリア南部サウスオーストラリア州(ボーイング提供・共同)

米航空機大手ボーイングは22日、オーストラリア北東部クイーンズランド州トゥーンバでオーストラリア軍向けの軍事用の無人機ドローンを製造する計画を発表した。CNNテレビによると、ボーイングが米国以外で航空機の最終組立工場を建設するのは初めて。

オーストラリアは米英の支援で原子力潜水艦を配備することを柱とした3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設を米国時間15日に発表したばかり。中国をにらんだ米豪の安全保障協力強化の一環といえそうだ。

この無人機は「ロイヤルウイングマン」と呼ばれ、2月に試験飛行を実施した。ボーイングの現地法人幹部によると、この無人機は2月に試験飛行を実施した。この無人機は「ロイヤルウイングマン」と呼ばれ、ボーイングの現地法人幹部によると2月に試験飛行を実施した。人工知能(AI)を使って有人機と連携しながら運用する計画。現在オーストラリア空軍向けに6機を開発中で、将来は他国への輸出も視野に入れる。(シドニー共同)