時効目前 14年前の強盗強姦容疑で男を逮捕

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

平成19年に面識のない当時22歳の女性宅に侵入し、性的暴行をして現金を奪ったとして、兵庫県警捜査1課などは23日、強盗強姦(ごうかん)の疑いで、同県姫路市打越、会社員、大塚修一容疑者(56)を逮捕した。「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。強盗強姦罪(現在の強盗強制性交罪)の公訴時効は15年で、来年7月に迫っていた。

逮捕容疑は19年7月6日午前2時20分ごろ、同県加東市のマンションの女性宅に侵入。就寝中の女性を刃物で脅して顔を殴ったほか、現金約4万4千円を奪い、性的暴行をしたとしている。

捜査1課によると、女性は大塚容疑者と面識はなく、被害当日に県警へ届け出ていた。

大塚容疑者は今年7月、岡山市の民家に侵入し現金約14万円を盗んだとして、岡山県警に窃盗容疑で逮捕された。その際の鑑定結果が加東市の女性宅で採取された遺留物と一致し、大塚容疑者が浮上した。