岸田氏、さらなる説明求める考え 1・5億円支出で

【自民党総裁選2021】タウンミーティング「国民の声に応える政策討論会」に臨む岸田文雄前政調会長=23日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
【自民党総裁選2021】タウンミーティング「国民の声に応える政策討論会」に臨む岸田文雄前政調会長=23日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

自民党総裁選に立候補している岸田文雄前政調会長(衆院広島1区)は23日、同党の柴山昌彦幹事長代理が令和元年参院選広島選挙区の買収事件をめぐり、党本部が河井案里元参院議員=公選法違反罪で有罪確定=の陣営に投入した1億5千万円は買収の原資ではないと説明したことについて、「幹事長室としては現状把握している内容を報告したということだと思う」と述べた。さらなる説明が必要との考えを示した形だ。