台湾 中国のTPP加入は「リスク」

環太平洋連携協定(TPP)への加入申請の経緯などを説明する台湾行政院の鄧振中政務委員=23日、台北(行政院提供・共同)
環太平洋連携協定(TPP)への加入申請の経緯などを説明する台湾行政院の鄧振中政務委員=23日、台北(行政院提供・共同)

【台北=矢板明夫】台湾の行政院(内閣に相当)で通商交渉を担当する鄧振中(とう・しんちゅう)政務委員(無任所相)らは23日に記者会見し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加入申請を正式発表した。「加入できれば、GDP(域内総生産)で2%以上の経済効果が期待できる」と強調した。

鄧氏は、台湾に先立ち16日に加入申請した中国の動きに関し、これまで中国が台湾の国際組織への加盟を阻止してきた経緯に触れ、「先に加入されると、台湾にとってはかなりのリスクだ」と指摘。中国による加入妨害への危機感をあらわにした。一方、「台湾は完全な市場経済と民主主義を有している」とも述べ、中国との違いをアピールした。すでに加盟している世界貿易機関(WTO)と同様に関税地域として加入を目指す考えを示した。

蔡英文総統は23日、ツイッターで、台湾の加入申請について「すべてのルールを受け入れる用意がある。日本の友人たちにはわれわれの努力を支持してほしい」と支援を要請した。

また、東京電力福島第1原発事故を受けた福島県などの日本産食品の輸入禁止措置に関し、鄧氏は日本側と解除について協議する考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細