米仏大統領が電話会談、関係修復に動く オーカス潜水艦問題で

バイデン米大統領=22日、ホワイトハウス (AP)
バイデン米大統領=22日、ホワイトハウス (AP)

【パリ=三井美奈】バイデン米大統領とマクロン仏大統領は22日、電話会談を行い、米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設後、悪化していた米仏関係の修復に乗り出した。フランスは召喚していた駐米大使を来週、帰任させることを決めた。

共同声明によると、会談はバイデン氏の要請で行われた。バイデン氏は、オーカスについて同盟国間で開かれた話し合いがあるべきだったと認め、フランスや欧州のインド太平洋への関与の戦略的重要性を確認した。欧州連合(EU)が主導するアフリカの対テロ作戦への支援強化も約束した。両大統領は10月末、ローマで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議にあわせて、欧州で米仏首脳会談を行うことで合意した。

米英豪は15日、オーカス創設を発表。オーストラリアは米英から原子力潜水艦の技術供与を受けることが決まり、仏と進めていた潜水艦開発計画を白紙にしたため、フランスは強い怒りを表明していた。米国が秘密裏に交渉を行っていたことに対しても、「同盟国に対する背信」だとして抗議し、米国、豪州に駐在する仏大使を召還していた。