公明・北側氏、都市封鎖「選択肢とする法整備を」

公明党・北側一雄副代表(春名中撮影)
公明党・北側一雄副代表(春名中撮影)

公明党の北側一雄中央幹事会長は22日の記者会見で、感染症対応のためロックダウン(都市封鎖)を可能にする法整備に理解を示した。「実際に発動するかどうかは別問題だが、政府の選択肢の一つとしてできるようにしておくのは十分理解できる」と述べた。

自民党総裁選でロックダウンの是非が論点になっていることに触れ「憲法改正まで必要かどうか分からないが、ロックダウンには少なくとも法整備が必要だ」と指摘した。