処理水「丁寧な説明継続」 官房長官、韓国側懸念に

会見に臨む加藤勝信官房長官=22日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=22日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は22日の記者会見で、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出方針をめぐり、韓国が国際原子力機関(IAEA)の年次総会で懸念したことに関し「国際社会に対して高い透明性や科学的根拠に基づき、丁寧な説明を継続する」と述べた。

年次総会でも在ウィーン日本政府代表部の引原毅大使からIAEAは実現性を評価していると説明し、韓国に反論したことを明らかにした。