立民、酔って迷惑行為の職員処分 内容明かさず - 産経ニュース

メインコンテンツ

立民、酔って迷惑行為の職員処分 内容明かさず

立憲民主党・福山哲郎幹事長(春名中撮影)
立憲民主党・福山哲郎幹事長(春名中撮影)

立憲民主党の福山哲郎幹事長は21日夜、党本部職員が18日に酔って迷惑行為を行い、停職1カ月の処分を決めたと文書で発表した。これ以上の内容は明らかにしなかった。

このため、22日の枝野幸男代表の記者会見で事実関係に関する質問が相次いだ。枝野氏は「党職員は労働者なので彼の労働基本権に基づいて(最終的な)処分を決めていかなければならない」と説明。司法判断や被害者の意向も踏まえて「(詳しい内容を)発表できる状況になれば速やかに発表する」と述べた。

職員の性別や年代についても「今は男性か女性かと分ける時代ではない」などとして明らかにしなかった。