ブラジャーの計測技術、乳がん患者の再建手術に活用

ワコールとがん研究会有明病院が共同で開発を進める手術用メジャメントブラジャー(ワコール提供)
ワコールとがん研究会有明病院が共同で開発を進める手術用メジャメントブラジャー(ワコール提供)

肌着大手のワコールとがん研究会有明病院(東京都江東区)は22日、乳がん切除で失われた乳房を再建する手術の共同研究を始めたと発表した。ワコールが持つ3D体形計測器の技術を生かし、再建する乳房の大きさや形を医師らが調整するための手術用メジャメント(測定)ブラジャーを開発する。またリコーグループとの3者共同で、乳房再建手術における3Dプリンターの活用も目指す。

メジャメントブラジャーは、ワコールが手がける3Dで瞬時に体形を計測する「3Dスマート&トライ」や下着のオーダー製造技術を応用する。患者自らの腹部の脂肪などを移植する自家組織再建手術向けに開発し、将来的には他の医療機関にも提供。精密に測り作ったブラジャーで着用時のサイズや形をつかみやすくすることで、再建後の乳房の左右差などをなくすようにする。

現状の自家組織再建手術では、医師らが目で確かめながら大きさや形を調整するため再建側が大きくなりがちだった。術後、ブラジャーのサイズが合わず着用時に痛みを訴える例もあるという。

また、リコーグループの3Dプリント技術を組み合わせ、3者共同で乳房の形や柔らかさを再現した「3Dプリントバスト」を開発した。今後、シリコンを移植する再建手術で、人工乳房を作る際のサンプル素材などで活用を検討する。