タリバン、アフガン国連大使にシャヒーン報道官指名

【ニューヨーク=平田雄介】ロイター通信は21日、アフガニスタンの実権を掌握したイスラム原理主義勢力タリバンがカタールの首都ドーハを拠点に活動するシャヒーン報道官を国連大使に指名したと伝えた。タリバン暫定政権のムッタキ外相代行が20日、国連のグテレス事務総長に宛てた書簡で申請したという。

ムッタキ氏は27日までの日程で行われる国連総会の一般討論演説で自ら演説することも求めた。現在はタリバン復権前のガニ政権に指名されたイサクザイ国連大使がアフガンを代表し総会に出席しており、代表権をめぐる係争に発展する。

シャヒーン氏を国連大使に指名する申請は既に代表権を審査する国連総会の信任状委員会に送付された。ただ、一般討論演説が終了する27日までに同委員会が開催される予定はなく、今回ムッタキ氏の演説が実現する可能性は低いという。

国連でのアフガン代表権の獲得は、各国からの国家承認を得たいと望むタリバンにとって重要な一歩となる。グテレス氏は「国家承認はタリバンに少数派や女性の人権を守らせ、包括的な政府を樹立させる唯一のてこになる」との認識を示してきた。

代表権承認の是非をめぐり、アフガンの人権状況に関する議論が同委員会を構成する米中露など9カ国の間で活発化しそうだ。