兵庫知事、緊急事態宣言に「今月で区切りを」

兵庫県の斎藤元彦知事
兵庫県の斎藤元彦知事

兵庫県の斎藤元彦知事は22日の会見で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、新規の感染者数が減少している現状を踏まえ「山場は越えた。今月いっぱいで区切りを迎えたい」と述べた。一方、同県内の病床使用率が依然40%であることから、規制を全面解除するのではなく、蔓延(まんえん)防止等重点措置への移行が現実的との認識を示した。

同県の同日の新規感染者数は267人。直近1週間の平均は216・7人で、1週間前の16日(391・3人)から174・6人減った。