トヨタ11万台リコール 緊急通報装置などに問題 - 産経ニュース

メインコンテンツ

トヨタ11万台リコール 緊急通報装置などに問題

トヨタのロゴ(佐藤徳昭撮影)
トヨタのロゴ(佐藤徳昭撮影)

トヨタ自動車は22日、事故時の自動緊急通報装置などに問題があるとして「ヤリス」「ハリアー」「アルファード」やレクサスブランドの「RX300」など39車種計11万1842台(令和3年4~8月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

国交省によると、事故が起きた際に自動通報する装置の車載通信機器の制御プログラムが不適切で、緊急時に音声通話ができない場合がある。10万5221台が対象。

また1万106台でハイブリッドシステムの制御プログラムに問題があり、シフト切り替え操作時に異常が誤検出されてシステムが停止し、走行不能になる恐れがある。160台はエンジン部品のパイプを溶接する強度の検討が不十分なため亀裂が生じ、坂を上る際などに排出ガスの基準値を満たさない恐れがある。

一部車種に重複がある。いずれも事故の報告はないが、ハイブリッドシステムで9件の不具合の報告があった。