中国ペースの対米改善狙う 習氏、気候変動で協調

中国の習近平国家主席(新華社=共同)
中国の習近平国家主席(新華社=共同)

【北京=三塚聖平】中国の習近平国家主席は国連総会の一般討論でのビデオ演説で、気候変動問題に関してバイデン米政権との協調姿勢を示した。同時にアフガニスタン問題を念頭に対米牽制(けんせい)も行っており、米側に交渉カードをちらつかせて自国ペースで「対等」な関係を築こうとする習政権の戦略がうかがわれる。

習氏は演説で「積極的に気候変動に対応する」と強調し、米国へ前向きなメッセージを送った。英国で10月末に始まる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向けバイデン政権は中国から協力を引き出そうとしており、習氏が表明した国外の石炭火力発電所建設への支援停止はその一つだった。

来年秋に5年に1度の共産党大会を控える中、米国との関係改善は喫緊の課題だ。習氏は総書記3期目入りを目指しており、その妨げになりかねない不安要素を徹底的に取り除きたいのが本音とみられる。

来年2月の北京冬季五輪をめぐっては、米国で中国政府による新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権侵害などを問題視する声が超党派で広がり、首脳や政府使節団の派遣を見送る「外交的ボイコット」を求める声が増す。習氏は五輪開催を成功させて求心力を高めて党大会に臨む腹積もりとみられ、そうした事態を避けるためにも米政権との協力関係構築が欠かせないという危機感があるとみられる。

ただ、習氏は演説で「民主はどの国の特許でもなく、各国人民の権利だ」と述べ、米国などの民主主義陣営に対抗姿勢をみせた。その上で「国家間には避けられない意見の不一致があり、平等と相互尊重を基礎に対話と協力を行う必要がある」と強調。トランプ前米政権との交渉で守勢に立たされたことも反省材料に、一方的な譲歩はせずに米中関係改善を対等な立場で進める思惑がうかがわれる。