高市氏、コロナ対策・地方支援「懸命に」

全国知事会長の平井伸治・鳥取知事(左)と宮城県の村井嘉浩知事(右)から自民党総裁選立候補者への提言書を受け取る高市早苗前総務相=22日、国会内(岡田美月撮影)
全国知事会長の平井伸治・鳥取知事(左)と宮城県の村井嘉浩知事(右)から自民党総裁選立候補者への提言書を受け取る高市早苗前総務相=22日、国会内(岡田美月撮影)

自民党総裁選(29日投開票)に立候補している高市早苗前総務相は22日、全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)らと国会内で面会し、新型コロナウイルス対策など10項目の重点政策に関する提言書を受け取った。

提言は新型コロナ対策のほか、地方経済への支援、防災・減災、国土強靭(きょうじん)化の計画的な推進、北朝鮮による拉致問題の解決などが盛り込まれた。

高市氏は、自身が総裁選で提唱する「日本経済強靱(きょうじん)化計画」を念頭に「いろいろと考え抜いた。懸命にやる」と応じた。