チーターの子供6頭、27日から公開 千葉

27日から一般公開されるチーターの子供たち=22日、千葉市動物公園(平田浩一撮影)
27日から一般公開されるチーターの子供たち=22日、千葉市動物公園(平田浩一撮影)

千葉市動物公園(若葉区)は、6月に生まれたチーターの子供6頭を27日から一般公開する。6頭は雄2頭、雌4頭。すくすくと元気に成長しており、6頭の体重は生まれたときは約500グラムだったが、現在は約6~7キロになったという。

ノルウェー・クリスチャンサン動物園から来園した5歳の雌「ズラヤ」が、6月8日夜~翌朝にかけて出産した。公開を前に、飼育員らが、「千葉で生まれたことが分かるように」と、6頭にChibaの頭文字であるCから始まる名前をつけた。雄は「カール」「チューマ」、雌は「カロリーナ」「クラリス」「チャーム」「クレア」。

一般公開は、平原ゾーンのチーター展示場で27日は午後3時15分~4時15分。以降は当面の間、環境にならすため、祝日を除く月、木曜の同じ時間帯を予定している。

飼育担当の中村彰宏さん(53)は、「子供たちが仲良く元気に遊ぶ姿や、生後4カ月ぐらいまである銀色に光るたてがみを見てほしい」と話した。