富士山初冠雪を異例の見直し

甲府地方気象台は22日、今月7日に発表した富士山の初冠雪を見直すと発表した。富士山頂付近の日平均気温が今年最高を記録以降の初の積雪を、初冠雪とする規定があるが、今月20日に今年の最高気温を記録したことから、初冠雪の定義には合致しなくなったためという。

今年、富士山頂付近では、8月4日に9・2度を観測し、その後はこの気温を上回ることがない状況が続いた。その後、9月7日に気象台が目視で冠雪を確認したため、初冠雪と発表した。しかし、今月20日に日平均気温10・3度を観測したため、発表していた初冠雪を規定上、取りやめることとなった。

気象台は「発表日を見直しをしたかどうかの記録は残っておらず、前例は確認できない」としている。だが、少なくとも過去20年ではこういったことはなく、かなり異例の対応とみられる。

会員限定記事会員サービス詳細