総裁選ドキュメント

河野氏「政高党低でないと困る」 若手と意見交換

党風一新の会との意見交換会に臨む(手前から)福田達夫氏、河野太郎ワクチン担当相、山下貴司元法相=21日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
党風一新の会との意見交換会に臨む(手前から)福田達夫氏、河野太郎ワクチン担当相、山下貴司元法相=21日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

自民党総裁選に立候補している河野太郎ワクチン担当相は21日、衆院当選3回以下の議員でつくる「党風一新の会」との意見交換会で、党が首相官邸主導による「政高党低」の構図となっているとの指摘について「国会で説明責任を負うのは政府。政高党低じゃなきゃ困る」と持論を述べた。

また、政策立案に関しても「(政府の)副大臣、政務官のパワーアップが必要。(党の)部会でギャーギャー言っているよりも、副大臣、政務官チームを半ば非公式に作ったらどうかと思う」との考えを示した。