総裁選ドキュメント

地方票開拓へ 小泉、石破両氏が河野氏を後押し

自民党の石破茂元幹事長(右)の知り合いの地方議員に対し、河野太郎ワクチン担当相の支持を電話で訴える小泉進次郎環境相=19日午後、衆院第2議員会館(奥原慎平撮影)
自民党の石破茂元幹事長(右)の知り合いの地方議員に対し、河野太郎ワクチン担当相の支持を電話で訴える小泉進次郎環境相=19日午後、衆院第2議員会館(奥原慎平撮影)

自民党総裁選(29日投開票)で、小泉進次郎環境相が河野太郎ワクチン担当相の側面支援に力を入れている。河野氏を支持する石破茂元幹事長とともに地方の党員票を増やそうと、地方創生に関する座談会や東日本大震災の被災者らとのオンライン会合を積極的に開いている。両氏の高い知名度を生かし、「都会派の政治家」とみられがちな河野氏のイメージを変える狙いもある。

石破氏「河野氏をよろしくお願いしたい。横に小泉氏がいる。ちょっと、代わってよいか」

小泉氏「初めてにも関わらず、お願いごとで申し訳ありません。河野氏を応援している。どうか周りにもお伝えください」

石破氏は19日、議員会館事務所から旧知の地方議員の携帯電話を鳴らした後、同席した小泉氏に渡し、2人で河野氏への支援を呼びかけた。応援をためらう有権者もいるというが、小泉氏は周囲に「(地方に支持者が多い)石破氏の強みを最大限生かすには、全国の『石破ファン』に支援をお願いしなければならない」と語る。

19日には石破氏のライフワークである地方創生をめぐり、河野、石破、小泉の3氏が意見交換した。また、小泉氏が信頼関係を培ってきた福島県の被災者らと河野氏によるオンライン対談も行った。

地方を重視する背景には、河野氏の都会的なイメージを薄める狙いもありそうだ。小泉氏は周囲に「河野氏の持っていない分野は補う必要がある」と語る。

ただ、知名度を前面に出した手法には冷ややかな声も少なくない。他候補の陣営関係者は「石破氏や小泉氏へのマスコミの注目の高さを逆手にとった戦術は織り込み済みだ。政策の中身が検証されれば、河野氏の勢いも失速するだろう」と語った。