「生きる価値なし」児童に暴言 小学校教諭を懲戒免職

兵庫県教育委員会が入る兵庫県庁3号館(右)=神戸市中央区
兵庫県教育委員会が入る兵庫県庁3号館(右)=神戸市中央区

兵庫県教育委員会は21日、担当する特別支援学級の児童に「生きる価値がない」などと差別的な発言をしたり、体罰を加えたりしていたとして、同県姫路市立小学校の男性教諭(39)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。

県教委によると、教諭は平成30年4月~今年6月、同校の特別支援学級の児童6人に対し、授業中に「生きる価値なし。死ぬしかない。早く転校しろ」と暴言を吐いたり、児童を前にして同僚に「こんなやつらに教える意味ありますか。こっちまで頭がおかしくなる」と発言したりした。また、頭を押さえつけて無理やりプールに入れるなど常習的に体罰も行っていたという。けがをしたり、不登校になったりした児童はいないという。

教諭は県教委の聞き取りに事実を認め「強くしかっても動じないので、怒りに任せて言った」と説明しているという。県教委は指導・監督が不十分だったとして、50代の男性校長も減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。