ベトナム人2人を偽札使用容疑で再逮捕 530枚押収

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京都内のコンビニエンスストアなどで聖徳太子が印刷された偽の旧1万円札が使われた事件で、警視庁捜査2課は偽造通貨行使の疑いで、いずれもベトナム国籍の会社員、チャン・ナム・フォン容疑者(26)=同容疑で逮捕=ら男女2人を再逮捕した。記番号が「PS」から始まり、「N」で終わる同様の偽札は都内11区の約150店で、計約160枚が発見されており、捜査2課は入手経路を調べている。

再逮捕容疑は8月22日夕、中野区のコンビニとドラッグストアで、それぞれ偽札を使って、ゴム手袋やたばこを購入したとしている。商品は少額で、釣銭目的だったとみられる。

捜査2課によると、同容疑で逮捕された別のベトナム人の男(22)も含め、これまでにチャン容疑者ら3人の関係先から同様の偽札計約530枚を押収した。