専大松戸まさかの2回戦敗退 秋季千葉県高校野球

21日の秋季千葉県高校野球大会で春、夏連続甲子園出場の強豪・専大松戸が2回戦で敗退する〝番狂わせ〟が起きた。同校の来春の甲子園出場は絶望的となった。

柏の葉球場(柏市)で四街道と対戦した専大松戸は、五回まで5-0でリードしていた。しかし六回表、四街道は6番・斎藤の2点適時打など打者一巡の猛攻で6点を奪って逆転。専大松戸はこの回、先発の竹葉が降板し、3投手が救援したが、四街道の勢いを止められなかった。四街道は三回途中からリリーフで登板した鶴岡が、毎回のように走者を出しながらも好投して逃げ切った。

専大松戸は昨年の秋季県大会で3位となり、関東大会準決勝まで勝ち残り、春の選抜大会に出場。今夏の県大会でも優勝し、甲子園で初勝利を挙げた。