菅首相が五輪パラ選手団に感謝状 「無観客でも勇気と感動」

東京オリンピック・パラリンピック総理大臣感謝状授与式で挨拶する菅義偉首相=21日午前、首相官邸(春名中撮影)
東京オリンピック・パラリンピック総理大臣感謝状授与式で挨拶する菅義偉首相=21日午前、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は21日、官邸で東京五輪・パラリンピック日本選手団に感謝状を授与した。首相は「多くの会場で無観客となったが、皆さんの活躍は日本はもちろん世界中の人々に勇気と希望、感動を与えた」と活躍をたたえた。

首相から感謝状を受け取った五輪選手団の福井烈団長は「スポーツの持つ力や価値をさらに発信できるよう、競技力とともに人間力の向上に邁進(まいしん)していく」と強調した。パラリンピック選手団の河合純一団長は「競技力向上はもちろんのこと、活力ある共生社会の実現に向けての歩みを着実に進めていきたい」とあいさつした。

感謝状授与式にはソフトボール女子代表の上野由岐子投手や、卓球男子代表の水谷隼(じゅん)選手ら約20人が参加した。選手団には感謝状のほか、記念品として銀製の写真立てが贈られた。