学生製造の日本酒お披露目 「碧雲」大学内の酒蔵で、帯広

完成した日本酒を手にする帯広畜産大の酒井駿太朗さん(右)と高山美月さん=21日午前、北海道帯広市
完成した日本酒を手にする帯広畜産大の酒井駿太朗さん(右)と高山美月さん=21日午前、北海道帯広市

北海道帯広市の帯広畜産大の学生らが製造した日本酒「碧雲」が21日、報道陣にお披露目された。大学構内の酒蔵で地元酒造会社の杜氏の指導を受けて仕込んだ。出来上がった1800本の一部は、10月中旬から学内で販売する予定。

製造したのは、酒に関係した研究に取り組むいずれも4年生の酒井駿太朗さん(22)と高山美月さん(21)。ことし5月に作業を始め、精米を洗って蒸す作業やこうじ作りなど全ての工程に携わった。

帯広畜産大の学生らが製造した日本酒「碧雲」
帯広畜産大の学生らが製造した日本酒「碧雲」

9月21日は販売に向けラベルの貼り付けや箱詰めを行った。酒井さんは「体力のいる作業が多く苦労もあったが、やりがいも実感できた。米のうま味が豊かなおいしいお酒になった」と満足そうに話した。

帯広畜産大によると、大学構内の酒蔵は全国初で2020年4月に設置された。上川町の「上川大雪酒造」の関連会社が運営、大学が醸造や発酵などの教育・研究の場として活用している。