槍ケ岳で落石、7人遭難 4人救助、3人無事確認

北アルプス槍ケ岳山頂。登山客の姿があった=20日午前7時7分(共同通信社ヘリから)
北アルプス槍ケ岳山頂。登山客の姿があった=20日午前7時7分(共同通信社ヘリから)

長野県大町市の北アルプス槍ケ岳(3180メートル)の北鎌尾根で19日、愛知県一宮市の会社役員の男性(56)から「落石があり動けない」と110番があった。長野県警によると、計7人が遭難し、うち1人が落石で左ひざを負傷した。20日朝からヘリコプターで救助活動を始め、一宮市の男性ら4人を救助し、残る3人の無事も確認した。

19日午後5時18分ごろ、岐阜県飛騨地方を震源とする地震があり、震度4が観測された。この地震が影響した可能性があるという。北鎌尾根は整備された一般登山道ではなく、高度な登山技術を必要とするバリエーションルートとして知られる。

7人の内訳は、一宮市の男性と、62歳と59歳のパート従業員女性の計3人、東京都立川市の公務員の男性(44)と北区の公務員の女性(34)の2人、埼玉県入間市の会社員の男性(56)、東京都豊島区の会社員の男性(61)。救助された一宮市の男性ら3人はテント泊予定で、19日午後5時20分ごろ、「落石などの影響で動けなくなった」と110番した。テント泊予定地から行動不能になったとみられる。