茨城の高齢者最多の85万3716人 県人口の30・4%

茨城県内の65歳以上の高齢者数は過去最多の85万3716人で、県総人口に占める割合(高齢化率)も過去最高の30・4%に上ったことが分かった。県が「敬老の日」の20日現在で推計した。国勢調査の結果から、県内の高齢者数は大正9年の調査開始以来増加が続いており、高齢化率も昭和30年ごろから年々高くなっている。

県内の高齢化率は30年ごろまでは約5~6%台で推移していたものの、その後は年々上昇し、60年に10%を超え、平成22年に20%を突破し、今回初めて30%台になった。

県によると、20日現在の推計値で、高齢者数は前年同期に比べ9千人増え、高齢化率も0・5ポイント上昇した。男女別では、男性が38万5250人(高齢化率27・5%)、女性が46万8466人(同33・3%)だった。

また、県常住人口調査からみた市町村別の高齢化率では、県内44市町村のうち31市町村で30%を超えた(7月1日現在)。前年に続き、トップは大子町で47・7%。次いで利根町が47・2%▽河内町40・4%▽常陸太田市40・0%▽城里町39・1%―の順で続いた。

一方、高齢化率が低かったのは、つくば市20・2%▽守谷市23・4%▽神栖市24・1%▽東海村25・8%▽つくばみらい市26・5%―の順。つくば市の高齢化率は前年と同じで、2位とは3・2ポイントの差をつけている。県内44市町村のうち、つくば市を除く全ての市町村で前年同期比よりも高齢者の割合が増えた。

県内の高齢化率を地域別でみると、県北地域が32・6%で最も高く、県西地域が31・2%、鹿行地域は30・5%、県央地域が30・0%、県南地域が28・6%で続き、県北地域の高齢化が際立っている。