【御朱印巡り】ライダーが集う〝バイク神社〟 新潟県上越市 風巻神社(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

御朱印巡り

ライダーが集う〝バイク神社〟 新潟県上越市 風巻神社

風巻神社の御朱印は猫好きからも好評だ(本田賢一撮影)
風巻神社の御朱印は猫好きからも好評だ(本田賢一撮影)

新潟県上越市の山あいの地区にある風巻(かざまき)神社は、〝バイク神社〟として全国的に知られている。その名の通り風の神様を祭っており、いい風を受けて安全にツーリングを楽しめるようにとの願いを込め、バイクのおはらいを受けたあと、参拝するライダーが多い。

実は、この神社の遠藤真臣(まおみ)宮司(61)も筋金入りのバイク好き。「小学生のころからバイクに興味があり、高校時代は母親に買ってもらったホンダの小型バイク『モンキー』で通学していた。このモンキーを含めてこれまでの約40年間に乗ったバイク20台は全て売却せずに取ってある」という。

当初は、地元のツーリングクラブが参拝に訪れる程度だったが、ここ5年ほどの間にSNS(会員制交流サイト)で取り上げられるようになると、全国からライダーが訪れるようになった。

「最近も北海道や沖縄からツーリング途中に立ち寄った青年らがいた。5月の大型連休ともなると、全国から100台ほどのバイクが訪れる」そうだ。