大谷が力強く投球練習 右腕痛で次回白紙も32球 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大谷が力強く投球練習 右腕痛で次回白紙も32球

ブルペンで投球練習するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
ブルペンで投球練習するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスで右腕痛のため次回登板が白紙になっている大谷翔平は17日、本拠地アナハイムでのアスレチックス戦前に投球練習に臨んだ。スライダーなどを交えて32球を投げ、普段通りの力強さもあった。

大谷は10日の前回登板の翌日から4日間投手で練習する姿を見せていなかった。15日のキャッチボール後に痛みを訴え、17日の先発登板を回避した。

今季は9勝(2敗)を挙げ、打者では既に2桁本塁打をマーク。1918年のベーブ・ルース以来の「2桁勝利、2桁本塁打」の快挙にあと1勝で、右腕の回復が注目されている。(共同)