バイデン大統領、メタン排出30%減を提案「野心的だが可能」

バイデン米大統領 (AP)
バイデン米大統領 (AP)

【ワシントン=塩原永久】バイデン米大統領は17日、気候変動対策に関する主要国首脳級会合をオンラインで開き、強力な温室効果ガスであるメタンの世界排出量を2030年までに20年比で30%削減する目標を発表した。欧州連合(EU)とともに提案したもので、バイデン氏は「野心的だが実現可能な集団的目標だ」と述べ、ほかの主要国にも目標達成の取り組みへ参加するよう呼びかけた。

会合は10月末に英国で始まる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向けて、対策強化の機運を高めようとバイデン氏が主催した。

ホワイトハウスは会合後に総括文書を発表。日本の菅義偉首相や英国のジョンソン首相を含む十数国・地域が参加した。中国から解振華担当特使が出席した。

バイデン政権は気候変動対策で国際社会を主導したい構えだ。EUと共同提案したメタン削減目標をCOP26の成果として打ち出したいとみられ、総括文書によると、この日の会合で英国やメキシコ、イタリアなどが参加意向を表明した。

一方、菅首相は会合に寄せたビデオメッセージで、「わが国はCOP26の成功とその先に向けて、各国や国際機関と協力しながらリーダーシップを発揮していく決意だ」と述べた。