台風14号が温帯低気圧に 関東甲信は大雨警戒続く - 産経ニュース

メインコンテンツ

台風14号が温帯低気圧に 関東甲信は大雨警戒続く

台風14号の影響とみられる突風で屋根の瓦などが飛ばされた建物=18日午後1時5分、和歌山県美浜町(共同通信社ヘリから)
台風14号の影響とみられる突風で屋根の瓦などが飛ばされた建物=18日午後1時5分、和歌山県美浜町(共同通信社ヘリから)

西日本を東に進んで横断した台風14号は18日午後3時、静岡県沖で温帯低気圧に変わった。19日にかけて伊豆諸島付近を通過する見込みで、関東甲信は19日早朝にかけて大雨の恐れが続く。気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けている。

これまでに和歌山、福岡、佐賀、長崎の各県で6人がけがをした。和歌山県美浜町では突風で住宅約50棟の屋根瓦が飛ぶ被害が起き、割れた窓ガラスで10代男性がけがをした。他に高知県黒潮町の川岸で60代女性が遺体で見つかり、県警が台風との関連を調べている。

気象庁によると、温帯低気圧や前線の影響で暖かく湿った空気が流れ込み、関東甲信では19日夕方までの24時間に多い所で120ミリの雨が降る可能性があるとしている。